一眼レフデジタルカメラの比較

一眼レフデジタルカメラは普及タイプのものでも1000万画素に突入し、画質面での不満はほとんどなくなった感じがします。
最近では画素数競争、価格破壊はひと段落し、手ぶれ補正やセンサーゴミ対策と言った付加価値で差別化、多様化が見られます。
一眼レフデジタルカメラを比較すると、デジタル部の性能向上とともに、ファインダーの見やすさや操作性能といった、カメラとしての使い心地を重視する機種が増えてきています。
デジタル一眼レフカメラの価格が数年まえに比べて、はるかに安価になったこと。
入門向けモデルなら交換レンズをセットにしたキットモデルでも10万円以下の値段で購入できる。
さらに、フィルムカメラと同じ感覚で操作できるデジタル一眼レフカメラが増えた事や、コンパクトカメラよりも作品性の高い写真が撮れる事などの理由で、一眼レフデジタルカメラは好調な売れ行きです。
ボディだけで10万円〜20万円で購入できる中級モデル。
10万円以下で購入できる入門向けモデルなどさまざまです。
一眼レフデジタルカメラを比較すると、中級と入門モデルの違いは連写時に一度に撮影できる枚数・カメラが自動でピントを合わせる速度・ファインダーからのぞいた画角とプリント写真の画角がどれだけ近いかなどでしかありません。
入門モデルには撮影をアシストしてくれる機能が充実しているものもあります。
カメラを使用する目的に応じて一眼レフデジタルカメラを選んで下さい。

関連ページ

デジタルカメラ一眼レフとは?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
一眼レフデジタルカメラの魅力
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
一眼レフデジタルカメラ初心者の選び方と買い方
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
一眼レフデジタルカメラの撮り方
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。