一眼レフデジタルカメラ初心者の選び方と買い方

一眼レフデジタルカメラにもいろいろな種類がありますが、初めてなら初心者向け機種を選ぶといいでしょう。
本体があまり大きくないもの、そして操作が分かりやすいものが、おすすめです。
本体が大きくなると重量も増えますので、持ち歩くのには不便です。
操作がややこしい機種は、積極的に使ってみようという意欲もなくなってしまうかもしれません。
フィルムカメラのフィルムの役割をする「CCD」と「CMOS」はある程度大きいものを選ぶといいでしょう。
「CCD」と「CMOS」は、デジタルカメラの心臓部にあたり、レンズを通った光を電気信号に変換する部分です。
「600万画素」などの表示を画素数と言います。
「CCD」や「CMOS」にある、光を感知するための小さな“点”の数を表しています。
一枚の「CCD」や「CMOS」に“点”が多いほど、より高画質になります。
初心者の方は、600〜800万画素を目安に選ぶといいと思います。
“点”のサイズもさまざまあり、“点”のサイズが大きなCCDやCMOSを搭載しているカメラの方が、写真の画質が高くなります。
“点”の数と大きさが画像の質を決めることになります。
そして初心者の方は「手ぶれ補正機能」のついている機種を選んでください。
この機能はカメラ本体についているもの、レンズについているものがありますが、レンズについている機種だと、違うレンズに変えたときに手ブレ補正機能が失われてしまいまので、本体についている機種がよいでしょう。

関連ページ

デジタルカメラ一眼レフとは?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
一眼レフデジタルカメラの魅力
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
一眼レフデジタルカメラの撮り方
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
一眼レフデジタルカメラの比較
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。