子供撮影でデジカメの良いところ悪いところ

最近では、カメラというだけでデジカメを思い浮かべる方も、増えてきたのではないでしょうか。
フィルムを入れるカメラを持っている方をみかける事も、ほとんどなくなりました。
デジカメは、便利な点がたくさんあるので、これも当然の事かもしれませんね。
特に、子どもの撮影にデジカメを利用する場合、撮影した直後に画像を確認できるので安心感があります。
気に入らない表情ならその場で消去して撮り直せるので、変な写真まで現像してしまう恐れもありません。
プリントアウトしなくても、データをずっと保管できます。
これだと、色あせの心配もありませんし、データですから郵送しなくてもブログやメールなどでたくさんの人にみせる事ができます。
ですが、デジカメには欠点もあります。
子どもを撮影する時に一番重要な瞬発力がその一つです。
「ここだ!」と思っても、電源を入れてしばらくしないと撮影できません。
撮影した後も、データの記録に時間が必要なので、何度も連続して撮影したい場面には不向きです。
価格も、従来のカメラより高いです。
このような点を踏まえると、子どもが動き回るイベントの撮影にはデジカメだけでは心許ないかもしれません。
撮影して即確認!即送信!できるのは魅力的ですが、走り回る子どもを上手に撮影できるようになるには練習が必要でしょう。
練習しても上手く撮れないという方は、ちょっとお金をかけて、シャッターを押してからのタイムラグが短いデジカメや連続撮影が可能なデジカメを使うと、いい写真が撮れるはずです。

関連ページ

子供撮影に適したデジカメって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで子供の撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供の誕生日を撮るテクニックって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供の運動会を撮るテクニックって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで運動会を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供を室内で綺麗に撮影するには?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供を野外で綺麗に撮影するには?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
動く子供を撮る時の注意点って?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
子供の撮影にはデジタル一眼レフが良い?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。