動く子供を撮る時の注意点って?

動き回る子どもの写真撮影は、本当に大変ですよね。
子どもの撮影で苦労するのは、やはりピントでしょう。
子どもは自由奔放に動き回りますから、どうしてもピンボケ写真が多くなります。
かといって、無理矢理に静止させてしまうと、ピンボケは防げても自然な表情が撮れませんよね。
自然に自由に遊ばせたままでピンボケを防ぐには、デジカメの機能に頼るのが一番です。
例えば、キャノンのデジカメなら、「AIサーボモード」に設定しておくのです。
そうすれば、ピントを自動修正してくれます。
そして、遠くへ近くへ動き回る子どもは、ズーム機能で追いかけます。
足で追いかけていては、手元が安定しないので、どうしても思い通りの写真はなかなか撮れません。
あっちへいったらズームでアップにして撮影。
こっちにきたら通常に戻して撮影。
これで、へとへとになる事もありません。
もちろん、これだけでも表情まではっきりと撮る事ができます。
走りながら被写体を追いかけて撮影するよりも、ブレる可能性を確実に減らせるでしょう。
また、あまり子どもを小さく撮ると、後でみてもよくわからないので、できるだけ子どもが大きく写るように撮影する事をお薦めします。
それからもう一つ。

子どもは、立って撮るよりも、目線と同じ高さで撮った方が綺麗に写ります。
子どもが近くに寄ってきたら、しゃがんで高さを調整してみましょう。
表情がよりはっきりと写るはずですよ。

関連ページ

子供撮影に適したデジカメって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで子供の撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
子供撮影でデジカメの良いところ悪いところ
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供の誕生日を撮るテクニックって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供の運動会を撮るテクニックって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで運動会を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供を室内で綺麗に撮影するには?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供を野外で綺麗に撮影するには?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
子供の撮影にはデジタル一眼レフが良い?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。