デジカメで子供を室内で綺麗に撮影するには?

子どもを綺麗に撮影したいなら、なるべくアップで撮るのがいいでしょう。
ピントを子どもにあわせて、背景は遠くの方を選択するのがお薦めです。
背景は暗めで、子どもだけをライトアップするようにして撮影すると、プロの写真みたいになりますよ。
室内であれば、遠くの背景は暗い状態を簡単に維持できるので、室内での撮影には、特にお薦めの方法といえるかもしれません。
直射日光だと綺麗にならないので、明るくて間接的な明るさの場所をみつけておきましょう。
子どもは、腰をかがめて同じ目線で撮影すると、表情が綺麗に写ります。
お手持ちのデジカメによってはできない場合もあるかもしれませんが、背景のぼかしモードで撮影すると、子どもが浮きだしたように映るので、さらに綺麗な仕上がりになります。
遠く離れたままで最大までズームアップするだけでも、このような背景ボケの写真が撮れるので、ぼかし機能が搭載されていないデジカメをお持ちの方は、一度試してみてください。
また、幼い子どもは表情も体勢もコロコロと変わります。
撮りたいと思った瞬間をそのまま撮影するには、シャッター速度の設定がカギになります。
シャッター速度の設定を自由にいじれるデジカメなら、シャッター速度を最高速にしておきましょう。
デジカメによっては、子ども撮影の専用モードが簡単に設定できるものもあります。
まずは、持っているデジカメにどのような機能があるか、取り扱い説明書やメーカーの公式サイトなどで確認してみるといいと思います。

関連ページ

子供撮影に適したデジカメって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで子供の撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
子供撮影でデジカメの良いところ悪いところ
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供の誕生日を撮るテクニックって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供の運動会を撮るテクニックって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで運動会を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供を野外で綺麗に撮影するには?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
動く子供を撮る時の注意点って?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
子供の撮影にはデジタル一眼レフが良い?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。