デジカメで子供を野外で綺麗に撮影するには?

野外で子どもを主に撮影するなら、カギになるのは「ズーム」と「手ぶれ補正」です。
野外で子どもを撮影していると、縦横無尽に動き回る子どもは、あっちへこっちへと大忙しです。
座って構えてのんびり撮影・・・なんてわけにはいきません。
画面と被写体を交互にみて、必死で追いかける事になるでしょう。
そうなると、どうしても手ブレが起こります。
遠くにいってしまうたびに追いかけないといけないのも、息切れしてしまって大変です。
ですから、遠くの子どもも綺麗に写せるように、ズーム機能を最大限に利用しましょう。
これからデジカメを購入するなら、ズームは400メートル以上のものを選択する事をお勧めします。
手ぶれ補正は、キャノンが優秀といわれています。
とはいえ、最新のデジカメであれば、手ブレ対応と銘打っているものならどれもそれなりの機能を備えています。
どれが一番というのは、個人差によるところも大きいでしょう。
デジカメを購入するなら、一番いいのは、大型の家電製品店などにいって、自分の目でみて、たくさんのものを比較して、店員さんに質問しながら選ぶ事ですね。
すでにデジカメがある場合は、性能を最大限に利用しましょう。
キッズモードやスポーツモードに設定しておくと、簡単に綺麗に撮影できます。
また、夜に外で子供を綺麗に撮影するためには、シャッター速度や明るさ、ピント、ISOなどの設定値をを色々と変えてみて、その時の状況に最適になるように調整することも必要になるでしょう。

関連ページ

子供撮影に適したデジカメって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで子供の撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
子供撮影でデジカメの良いところ悪いところ
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供の誕生日を撮るテクニックって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供の運動会を撮るテクニックって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで運動会を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供を室内で綺麗に撮影するには?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
動く子供を撮る時の注意点って?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
子供の撮影にはデジタル一眼レフが良い?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。