デジタルカメラで子供の撮影

デジタルカメラで子供を撮影するのは、とても難しいものです。
デジタルカメラで子供を撮影する時のちょっとしたコツを紹介したいと思います。
動き回る子供を撮影するなら、シャッタースピードをあげてフラッシュを使いましょう。
デジタルカメラに手ぶれ防止機能が付いていても、被写体である子供が動いていたら何にもなりません。
シャッタースピードをあげるときれいに撮れるのですが、フラッシュを併用しないと暗い写真になってしまうので、気をつけてください。
フラッシュが使えない場合は、ISO感度をあげるといいでしょう。
ただ、ISO感度をあげすぎると、画質が悪くなってしまいます。
ISO感度をあげても、画質が悪くならないデジタルカメラはごく限られた機種なので、購入の際にはよく確認するといいかもしれません。
デジタルカメラによっては、人物の顔がきれいに撮れるように自動補正をかけるカメラもあります。
高機能なカメラなら、設定をちょっといじるだけで、顔にかかった影を消したりできて便利です。
できるだけ、レリーズタイムラグ(シャッターを押してから撮るまでの時間の差)が短いデジタルカメラを買うと、シャッターチャンスを逃がさずにすむでしょう。
連写機能がついていると、「数打つ」ことができるので、連写しておいてベストショットを選ぶことができます。
デジタルカメラで子供を撮影するなら、五万円前後の高機能なデジタルカメラを使うと、写真の出来が格段に違うはずです。

関連ページ

子供撮影に適したデジカメって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
子供撮影でデジカメの良いところ悪いところ
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供の誕生日を撮るテクニックって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供の運動会を撮るテクニックって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで運動会を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供を室内で綺麗に撮影するには?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメで子供を野外で綺麗に撮影するには?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
動く子供を撮る時の注意点って?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
子供の撮影にはデジタル一眼レフが良い?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。