デジタルカメラの手ぶれ防止法

デジタルカメラの手ぶれ防止法として最も手軽なのは、脇をしめて撮影することです。
シャッターを軽めに押すのも、力みがちな人には有効かもしれません。
デジタルカメラは、シャッターを押してから撮影するまで、若干のラグがあります。
どうしても手ぶれしてしまうなら、何枚も連写して手ぶれの原因を確認してみましょう。
最初の方の写真が手ぶれしていないのに、後の方の写真が手ぶれしているなら、撮影が終わる前にカメラを動かしています。
最初の方の写真が手ぶれしている場合は、必要以上にシャッターを強く押しているか、デジタルカメラをちゃんと固定できていないのでしょう。
壁や台などを使って体を固定すると、手ぶれせずに上手に撮れると思います。
それでも、手ぶれしてしまうようなら、三脚を使ってデジタルカメラを固定するのもおすすめです。
セルフタイマーを使うという方法もあります。
フラッシュを使ったり、シャッタースピードをあげると、手ぶれを防げることもあるでしょう。
デジタルカメラの持ち方を工夫するのも大切です。
両手でしっかりとデジタルカメラを支え、おでこも使って三点で固定すると、より安定します。
できる限りの努力をしても、どうしても手ぶれしてしまうなら、手ぶれ補正機構を搭載した最新式のデジタルカメラを買いましょう。
デジタルカメラはものすごい勢いで進化しているので、デジタルカメラを変えれば、簡単に手ぶれがない写真がとれてしまうこともあります。

関連ページ

デジカメでかっこよく・躍動的に撮るテクニックって?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジカメでピンボケしないには?
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。