デジタルカメラで花火を撮影

「花火大会のパンフレットの写真を撮る人って、どうしてあんなにキレイに花火を写せるんだろう」自己流で花火を写そうとしても、キレイに撮れた試しがない私は自分の撮った写真を見てガッカリしながら、いつもそんなふうに思っていました。
プロは違うなぁ、と(笑)。

 

私のように、花火がうまく撮れないと思っていらっしゃるあなた。
コンパクトデジタルカメラのオートで撮影していませんか?
カメラを手に持って撮影していませんか?
フラッシュを焚いて撮影していませんか?

 

私はそうでした。

 

コンパクトデジタルカメラのオートか夜景モードでしか撮影に挑んだことがありませんでした。
実は、これらが花火をうまく撮れない大きな原因だったのです。

 

花火をキレイに撮影するためには、バルブモードでの撮影か、シャッターを4秒〜8秒間開ける(マニュアルモード)ことが条件になります。
ただ、高機能デジカメでない場合は、この機能がない場合が殆どです・・・。

 

コンパクトデジカメは花火撮影に向いていないとされていましたが、最近は「花火モード」を持つものが発売されているので、これを使えば悩みはなくなりそうです。

 

最後に。
カメラをすぐに買いかえる予定はないが、できることはないかという方に。
・風上に立つ
・ISO感度を最低にする
・打ち上げの場所から3〜500m離れたところを陣取る
・三脚を用意する(手ぶれ防止のため。
特に効果あり。)
・シャッターを早めに切る
・フラッシュを焚かない
これならすぐできそうですね。

関連ページ

デジタルカメラで料理を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで景色の撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで桜の撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで海を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで山を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで森を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラでペットを撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラでオークションの商品を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。