デジタルカメラでオークションの商品を撮影

デジタルカメラでオークション商品を撮影する時に注意してほしいのが、背景と構図です。
撮影する側はあまり気にしないのですが、背景が床や木目のテーブルなどだと印象が悪くなります。
床だと汚いような気がしますし、木目のテーブルなどは生活感が出てしまうでしょう。
白や黒、濃紺などの模造紙を下に敷くことで、かなり印象を変えることができます。
商品が白っぽいものなら、濃い色の模造紙を使い、商品の色がはっきりしたものなら、白や薄い色の模造紙を使うと、商品がより引き立ってみえるのです。
構図も大切なポイントだと思います。
構図を変えただけで、落札率や落札価格が変わってきますから、売れる構図で撮影しましょう。
バッグなどの立体的な商品は、正面からではなく、やや斜めから撮影し、立体感を出します。
お店でよくやっているように、詰め物などをして、形よくみせることも大切です。
ただ商品がわかればいいのではなく、魅力的にみせることがオークションでは重要になります。
付属品がついているのなら、メインの商品単体の写真だけでなく、付属品も含めた全体図も掲載するといいでしょう。
傷や汚れなどのデメリットも隠さずに掲載することが後々のトラブル防止に繋がります。
ディテールの撮影には、マクロモードを使うといいです。
普通に撮影すると一部が反射して光ってしまう本などを撮る時には、壁に立てかけたりして斜めにすると上手に撮影できます。
その場合も、背景には模造紙を使うことを忘れずに。
他の人のオークション写真をみて、ほしくなるような構図を研究してみるのもおすすめです。

関連ページ

デジタルカメラで料理を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで景色の撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで桜の撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで海を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで山を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで森を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで花火を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラでペットを撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。