デジタルカメラで景色の撮影

デジタルカメラで景色を撮影する時には、順光(被写体の正面から光が当たっている)で撮れば、きれいに撮れると思います。
手ぶれが気になるようなら、柵や看板などで体を固定するといいでしょう。
撮影したい景色によっても、上手に撮るコツは変わってきます。
例えば、紅葉の山並みを撮りたい時と夜景を撮る時では、注意するべきポイントが違うのです。
撮りたい景色が決まっているのなら、予め上手に撮影するコツを予習しておくと、満足できる写真が撮れるかもしれません。
露出調整やホワイトバランスの調整をすると、また雰囲気の違う写真が撮れます。
PL(偏光)フィルターや広角レンズを使うと、よりプロっぽい景色の写真が撮影できるでしょう。
逆光で景色を撮影するなら、レンズに太陽の光が当たらないように遮るといいです。
手をかざすのも簡単な方法ですが、厚紙や下じきに黒い布を貼った物を用意しておくと、ゴースト(乱反射した光が絞りの形に写りこむ)やフレア(乱反射した光が被写体をくすませる)が発生しにくくなります。
夜景を撮影する時には、シャッタースピードが遅くなるため、特に手ぶれが起こりやすいので、三脚を使うか、しっかりとカメラを固定し、セルフタイマーで撮影しましょう。
ちゃんとピントが合っているか、撮影した後に確認する必要があります。
拡大再生して、手ぶれが起きてないかもチェックした方がいいです。
撮影モードを変えると違う印象の写真を撮ることができますし、ホワイトバランスを変えてみるのも効果的だと思います。

関連ページ

デジタルカメラで料理を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで桜の撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで海を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで山を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで森を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラで花火を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラでペットを撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
デジタルカメラでオークションの商品を撮影
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。