有名カメラメーカーの特徴記事一覧

キャノンと言えば、日本を代表する世界的なカメラメーカーです。現在ではカメラメーカーというイメージだけではなく、総合的な精密機器メーカーとして世界にその名を轟かせています。余談ですが、このキャノンという社名には少々ウンチクがあります。キャノンは英語表記では「Canon」と書きますが、元々はそうではありませんでした。「KWANON」というのが元々の英語表記だったのです。これはなぜかと言いますと、創業者...

銀塩カメラ(従来のフィルムカメラのことです。最近ではカメラと言えばデジタルカメラのことを指すのであえてこう呼ばれるようになりました)の世界では全く無名だったのですが、デジタルカメラの時代になって急にシェアを獲得したのがパナソニックです。パナソニックと言えば松下電器のブランドとして知られていますが、海外ではパナソニックという社名だと思われていることも多く、松下電器のもうひとつのブランドである「ナショ...

別の項でお話したパナソニックは本来家電メーカーでありながらデジタル家電の商品としてデジタルカメラ市場に参入してきました。そして現在市場で一定の地位を獲得しているのはご存知の通りです。このようにカメラメーカーではないもののデジタルカメラに参入し、高い評価とシェアを獲得しているメーカーはもうひとつあります。それはソニーです。パナソニックと違ってソニーは冷蔵庫や洗濯機といった、いわゆる白物家電を作ってい...

カメラの良し悪しを決めるのはレンズです。これは昔も今も変わりません。かつて銀塩カメラが主流だった時代はまさにレンズの勝負でしたが、時代がデジタルカメラに取って代わるとレンズ以外の部分にもカメラの良し悪しを決める要素が生まれました。例えばバッテリーの持続時間やメモリーカードの性能など、デジタルカメラはレンズの性能とは直接関係の無い部分でも評価されます。ここでご紹介する2社はどちらもデジタルカメラを発...

デジタルカメラ業界には、ちょっとユニークな企業もあります。それはカシオです。カシオというのはブランド名がCASIOとなっているので日本の企業ではないと勘違いする人も多いそうですが、立派な100%日本の企業です。正式な社名はカシオ計算機と言います。余談ですが、カシオ計算機という社名の由来は創業者の苗字が「樫尾」だからです。樫尾→カシオ→CASIO。ちょっと日本語離れした語感があるので余計に日本企業っ...

ニコンは誰でも知っている一流のカメラメーカーです。カメラメーカーとしてレンズをはじめとした光学機器一筋に会社が発展してきたため、当然ながらデジタルカメラ部門でも高い技術力は世界から尊敬されるレベルです。ニコンという社名の由来は日本光学という旧社名をもじったもので、あまり知られていませんが資本関係は三菱グループの一角です。三菱グループの創業者である岩崎弥太郎という人物が三菱は国とともに歩むと言い残し...

ここまでデジタルカメラを製造している主なメーカーについてお話ししてきました。ここまでは元からがカメラメーカーであった会社とデジタルカメラに参入してきたデジタル家電メーカーがあるということでお話しをしてきました。最後にご紹介する会社はこのどちらでもありません。いえ、厳密に言うとカメラメーカーと言えなくもないのですが、本業はカメラ本体よりもその消耗品、つまりフィルムです。写真フィルムではトップシェアを...