ソニーについて

別の項でお話したパナソニックは本来家電メーカーでありながらデジタル家電の商品としてデジタルカメラ市場に参入してきました。

 

そして現在市場で一定の地位を獲得しているのはご存知の通りです。

 

このようにカメラメーカーではないもののデジタルカメラに参入し、高い評価とシェアを獲得しているメーカーはもうひとつあります。

 

それはソニーです。

 

パナソニックと違ってソニーは冷蔵庫や洗濯機といった、いわゆる白物家電を作っているメーカーではありません。

 

近日統合化されるものの、現在松下電器には白物家電を扱うナショナルとデジタル家電を扱うパナソニックというブランドがあります。

 

このうちのデジタル家電専門のパナソニックと同じ事業を展開しているのがソニーです。

 

デジタル家電専門のソニーは当然ながらデジタルカメラ市場にも早くから参入しています。

 

ソニーのデジタルカメラは「Cyber-shot」(サイバーショット)というシリーズが大変有名です。

 

サイバーショットは性能面でも申し分のないデジタルカメラなので、ソニーの洗練された企業イメージと相まって高いシェアを有しています。

 

おおむねどのメーカーもデジタルカメラの商品ラインナップには複数の方向性を持たせており、ソニーのデジタルカメラにもその傾向を見ることが出来ます。

 

持ち運びに便利なスリムボディを追求したモデル、コンパクトボディでありながら機能面を優先したモデル、そしてプロユースにも耐える本格的なモデル。

 

ソニーのデジタルカメラにもこれらの全てがラインナップされています。

 

スリムボディと背面に大画面液晶が搭載されていることで人気のあるTシリーズ、そして光学式ファインダーを搭載した多機能モデルであるWシリーズ。

 

Wシリーズになるとハイビジョン静止画出力も可能になります。

 

それだけ解像度が細かいということですね。

 

そしてさらにハイエンドなモデルとしてHシリーズがあります。

 

Hシリーズはソニーのデジタルカメラの中ではもっともハイエンドなシリーズです。

 

ソニーと言えばコンパクトタイプのサイバーショットというのがイメージとして定着しているので、正直なところ筆者も今回ソニーの商品ラインナップを見てちょっと意外に感じました。

 

さらにソニーには一眼レフデジタルカメラのブランドとして「α」というシリーズもあります。

 

これはさらにプロフェッショナルな使い方をする人でないとあまり目にすることはありませんが、本格的なプロユースのデジタルカメラです。

関連ページ

キャノンについて
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
パナソニックについて
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
オリンパスとペンタックスについて
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
カシオについて
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
ニコンについて
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
富士フォルムについて
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。