富士フォルムについて

ここまでデジタルカメラを製造している主なメーカーについてお話ししてきました。

 

ここまでは元からがカメラメーカーであった会社とデジタルカメラに参入してきたデジタル家電メーカーがあるということでお話しをしてきました。

 

最後にご紹介する会社はこのどちらでもありません。

 

いえ、厳密に言うとカメラメーカーと言えなくもないのですが、本業はカメラ本体よりもその消耗品、つまりフィルムです。

 

写真フィルムではトップシェアを誇る企業、それが富士フィルムです。

 

筆者も最近まで知らなかったのですが、富士フィルムはかつて富士写真フィルムという社名でした。

 

その中にあった「写真」がなくなって富士フィルムになっていたんですね。

 

この富士フィルムというのもユニークな会社で、元々はフィルムに特化したユニークな商品をたくさん開発してきました。

 

例えばフィルムに使い捨てカメラがついた商品として開発された「写るんです」は大ヒット商品になりましたし、インスタントカメラのミニサイズとしてお手軽に楽しめるコンセプトが受けた「チェキ」も大ヒットとなりました。

 

現在のようにデジタルカメラやカメラ付きケータイが一般的になる前はこのチェキが同じ役割を担っていたように思います。

 

さて、そんな富士フィルムもデジタルカメラに参入しています。

 

フィルム専門の会社がフィルム不要のデジタルカメラを製造するというのは自分で自分の首を絞めているようにも見えて変な感じもしますが、それも時代の流れなのでしょう。

 

銀塩カメラの市場が縮小した分をそのまま逃してしまう手はありませんからね。

 

富士フィルムのデジタルカメラは「FinePix」というシリーズが主力です。

 

フィルムメーカーなのでデジタルカメラの性能はイマイチ・・・ということは全くなく、他のメーカーの製品と充分互角に戦えるだけの製品レベルです。

 

FinePixはコンパクトなオールインワンモデルから、本格的な一眼レフまで豊富なラインナップが揃っています。

 

それとはちょっと一味違った、富士フィルムらしい製品もあります。

 

デジタルカメラの中に「BIGJOB」というシリーズがあるのですが、これはいわゆる一般ユーザー向けのデジタルカメラではありません。

 

ISO1600の超高感度で防水・防塵加工がされているデジタルカメラなのですが、これって一体どこで使うのでしょう?
正解は工事現場の記録用です。

 

工事現場というハードな状況でも正確に記録を残すためのデジタルカメラとして広く利用されており、現場の用途を考えた実に富士フィルムらしい製品だと思います。

関連ページ

キャノンについて
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
パナソニックについて
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
ソニーについて
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
オリンパスとペンタックスについて
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
カシオについて
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
ニコンについて
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。