富士フィルムのデジタルカメラの特徴

デジタルカメラメーカーとしては、歴史のある富士フィルムは、昔から「初心者が失敗しないデジカメ作り」をしているのでデジカメを買いたいけれどどう選べばよいかを迷っている方におすすめです。
特徴を一言にすると、
「子どもを撮るなら富士フィルム!」
という感じでしょうか。
富士フィルムは、動くものを認識する力に優れています。
顔認識も、360℃OKとかなり優秀なので、動き回る子どもの撮影におすすめです。
名前からも推測できるように、もともとはフィルムメーカーだった富士フィルム。
肌色発色など、鮮やかな画質は、さすがフィルムメーカー!という感じで、フィルムメーカーとしてのプライドが感じられ、定評もあります。
また、現在は基本性能になっている「高感度」の元祖が富士フィルムであり「高感度」では、現在も富士フィルムが一番と言えるでしょう。
例えば、室内でフラッシュをたかずに撮影したい時は、この高感度の性能がかなりものを言います。
フラッシュをたくと光りすぎてしまう、赤ちゃんの顔がこわばってしまうなどフラッシュをたかない撮影が多い方は高感度の高い富士フィルムがおすすめです。
富士フィルムと言えば、2008年9月に、「来年3Dデジカメを発売する」と発表したことも話題になっていますね。
自然な立体感の3D映像を、裸眼で楽しめるということで、こちらの発売もとても楽しみです。

関連ページ

オリンパスのデジタルカメラの特徴
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
カシオのデジタルカメラの特徴
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
キャノンのデジタルカメラの特徴
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
ソニーのデジタルカメラの特徴
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
ニコンのデジタルカメラの特徴
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。