キャノンの一眼レフデジタルカメラ

キャノンの本格的な完全自社開発のデジタル一眼レフカメラは、2000年の「EOS D30」から始まります。
独自に新開発したCMOSイメージセンサーや高精度な画像処理エンジンを搭載、なおかつ従来のデジタル一眼レフのイメージを塗り替えるほどの小型・軽量化を実現しました。
このイメージセンサー内製への転換が、現在のキヤノンの優位性を決定付けることとなっています。
・EOS−1Ds MarkV 35mmフルサイズ、約2110万画素CMOSセンサー。
16384階調。
最高約5コマの高速連続撮影。
ポートレート・スタジオ撮影・風景写真向けプロモデル。
・EOS−1D MarkV 約1010万画素CMOSセンサー。
一瞬を約10コマ/秒で切り取ります。
防塵・防滴性能充実。
報道・スポーツ向けプロモデル。
・EOS 5D 35mmフルサイズ、約1280万画素CMOSセンサー。
一瞬を約3コマ/秒で切り取ります。
広視野角の2.5型・23万画素液晶モニター。
7種類の撮影モード搭載。
ハイアマチュア向けモデル。

・EOS 40D 約1010万画素CMOSセンサー。
一瞬を約6.5コマ/秒で切り取ります。
手ブレ補正機能・センサーダスト対策。
3.0型・23万画素液晶モニター。
・EOS Kiss X2 約1220万画素CMOSセンサー。
自然な色の再現と高速処理が可能。
見やすい3.0型の大型液晶モニター付き。
高速・高精度9点フォーカス。
475gのコンパクトボディー。
・EOS KissデジタルX 本体510g。
バッテリー装着時でも743gの軽量。
カメラまかせの大型モードダイアル。
高速・高精度9点フォーカス。
、「EOS Kiss デジタル」は略して「キスデジ」といわれ、小型・軽量そして低価格化の先鞭をつけ、一般ユーザーへのデジタル一眼レフの普及に貢献しました。

関連ページ

ニコンの一眼レフデジタルカメラ
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
ソニーの一眼レフデジタルカメラ
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。