ソニーの一眼レフデジタルカメラ

ソニー株式会社は、大手電子機器メーカー・電機メーカーです。
特に音響・映像機器や放送機材では、世界屈指のブランド力を持っています。
ソニーは、コニカミノルタと共同開発を行って新たにデジタル一眼レフのレンズを使用したSONYブランドのαシリーズを発売(2006年1月にコニカミノルタはデジタル一眼レフカメラ事業の一部をソニーに譲渡しカメラ事業から撤退)しています。
・α700 1,224万画素CMOSセンサー「Exmor」を搭載したハイアマチュア機。
ノイズ軽減、高精度・高速オートフォーカス機能を搭載。
CMOSシフト方式の手ぶれ補正機構、アンチダスト機能を採用。
・α350 2008年3月7日発売の入門機。
ライブビューを搭載し、背面モニターの向きを上下に振れるのが特徴です。
・α300 日本国内では市場未投入。
ライブビュー搭載機でイメージセンサは1020万画素のCCDを採用。
・α200 2008年2月15日発売。
α100の後継機。
イメージセンサは1020万画素のCCDを採用。
高精細でなめらかな描写を実現。
本格的な撮影が手軽に楽しめて、子どものイキイキした表情を見たままの印象で残せます。
USBを使いソニー製液晶テレビに接続できる「ブラビア プレミアムフォト」にも対応しています。

・α100 2006年7月21日にソニーαの第一弾、1000万画素のCCDを搭載したα100を発売した初心者向けの入門機です。
コニカミノルタの技術が大幅に受け継がれており、メニューなどはほぼαSweet DIGITALと同一のものが搭載されています。

関連ページ

ニコンの一眼レフデジタルカメラ
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。
キャノンの一眼レフデジタルカメラ
デジタルカメラは小型で持ち運びしやすいので、いつでも、好きな瞬間を写真に残しやすくなりました。そんな便利なデジタルカメラも、実はキレイに撮るにはコツが必要だったり。ここでは各社のカメラの特徴や撮影テクニックを紹介しています。